抜け毛予防

育毛剤と発毛剤って違うの?

育毛剤と発毛剤の違いは原理的な観点から言えば、毛が生えてきやすい環境を整えてくれたり、髪に栄養を与えてくれたりするものが育毛剤で、発毛剤は言葉のとおりに、毛穴から髪が生えてくるのを助ける効果を持つものなんです。
基本的に発毛剤に関しては、厚生労働省がしっかりとした検査を経て、これはちゃんと髪が生えてくるなということを確認できたものでないと発毛剤として認可を受けることは不可能です。
ですので、発毛剤と名がついたものはしっかりとしたものであると言えるでしょう。

更に育毛剤ではなく、発毛剤でもないものとしては養毛剤があります。
こちらは栄養が足りなくなった髪に対して必要な栄養成分を補給するためのものなんです。
これらは、どちらのほうがすぐれているということはなく、自分の状態に合わせて使っていくことがいいとされています。

育毛剤だから発毛剤よりも悪いかと言うと、決してそのようなことはなく、頭皮の環境があまり良くない状態が原因で抜け毛がたくさん発生している方には、育毛剤が良く、頭皮環境は正常だけれど髪が生えてこないという方は、発毛剤がいいということが言えます。
ただ、安易に効果が高そうなものを選んでしまうと、副作用などで逆に抜け毛が促進されるということがありますので、慎重に選ぶようにしましょう。
頭皮環境が原因の場合は育毛シャンプーを使って頭皮環境を整えてあげることも必要になります。
育毛シャンプーの使い方はこちらに詳しく載っていますのでご覧ください。

また養毛剤に関しては、どちらかと言えば毛が細くて抜け毛が多くなってきたという方におすすめできるもので、毛に栄養を与えることで、毛を太く強いものに変えたい方が使うものなんです。

ちなみに、発毛効果の高い発毛剤はほとんどが輸入品であり、日本の製品は外国の製品に比べるとあまり魅力を感じないのか、人気がないようです。
このように、抜け毛の対策を行える商品はたくさんありますが、高いものを選べばしっかりと今の自分の悩みが解決されるのかと言えばそういうことではなく、自分の抜け毛の程度や進行の程度によって臨機応変に使い分けていくことがいいでしょう。
しっかりと自分の頭皮の環境に合ったものを選べば値段は関係なく、効果があるのでそのあたりは十分に慎重になる必要があります。

Copyright(c) 2013 髪を育てる方法 All Rights Reserved.