抜け毛予防

男性ホルモンを抑制する育毛剤とは

育毛剤として、医薬品の育毛剤には、男性ホルモンを抑制して抜け毛を防ぐタイプのものがあります。
そのような効果を持つものとして代表的な育毛剤は、フィナステリドです。
実はフィナステリドは本来は育毛剤のために開発されたものではなく、前立腺が大きくなる病気の前立腺肥大症のために男性ホルモンを抑える薬として作られたものなんです。
ただ、使っているクライアントの中には、増毛や、発毛を実感した人が出てきたので改めてこれは育毛剤に使えるんじゃないかということで医薬品の育毛剤の認可を取りました。

男性ホルモンであるテストステロンを抑制する育毛剤の仕組みとしては、血液中を流れるテストステロンの一部が変化することによって生成されるジヒドロテストステロンを抑制することによって抜け毛、薄毛を減らして増毛していくという仕組みになっているんです。

どうしてこのジヒドロテストステロンが悪いのかと言うと、実は本来の男性ホルモンは抜け毛や薄毛に対してはどちらかと言うと悪い存在ではなく、ジヒドロテストステロンのほうが主な抜け毛の原因となっているんです。
ジヒドロテストステロンは、抜け毛を多くしたりひげを濃くしたりして一般的におやじくささをつかさどるホルモンで、髪が薄いことを気にする男性にとっては、ないほうがいいものなんです。
ですので、もともとのテストステロンを抑制するよりもこちらのジヒドロテストステロンを抑制することで育毛を図っていこうというのが、フィナステリドの狙いなんです。

ちなみにジヒドロテストステロンではなく、テストステロンを抑制することは、髪の伸びるのを抑制してしまうので、逆に育毛には効果が薄いでしょう。
実際にテストステロンを抑える薬も売られていて、使っている人達もいるんですが、もともとの男性のホルモンバランスが乱れて正常な男性ホルモンが出なくなる恐れがあるので、利用しないほうが確実です。
更に、テストステロンはストレスを軽減したり、活力を出したりする効果もあるので、そのような機能を奪ってまで、育毛しようとするのは危険でしょう。
あまり薬局では売っていない育毛剤。
恥ずかしくてなかなか買えない方もいると思います。
ネットでの購入なら誰かに見られるわけでもなく、種類も豊富なので自分に合うものが見つけられると思います。
しかし、初めての購入の方にとって種類が多すぎるとどれを選んでいいのかわからなくなりますよね。
そういう方のために有名な楽天で人気の育毛剤ランキングがありましたので参考にしていただけると嬉しいです。

Copyright(c) 2013 髪を育てる方法 All Rights Reserved.