抜け毛予防

妊娠中や授乳中に育毛剤を使ってもいい?

妊娠中や授乳中に育毛剤を使ってもいいかどうかは、含まれている成分によりますので、お医者さんに相談したほうがいいです。
育毛剤は基本的に頭皮につけるものだから大丈夫じゃないの?と思いがちですが、頭皮の末梢血管を通して育毛剤に含まれている成分が体に流れていきます。

妊娠中や授乳中に絶対にやめてほいたほうがいいものは医薬品の育毛剤です。
特にタブレットタイプの育毛剤で、フィナステリドや、ミノキシジルなどが含有されているものは絶対にやめておきましょう。
もともとフィナステリドなどは男性ホルモンを抑えるために使用するものであると言われています。
女性用に開発されたものではないですし、効果は薄いどころか副作用が出ることがあるので、やめておいたほうがいいでしょう。
赤ちゃんにまで悪い成分が流れていくことが考えられます。

基本的に医薬品の育毛剤は副作用が強いものが多いので、胎児にもしものことがあるかもしれません。
ただ、女性用の育毛剤は、製品によっては妊娠中に使ってもいいと言われているものもあります。

特に産後は抜け毛が多いですから、育毛剤を使いたいと思う人が多いようです。
この時期の抜け毛の原因として考えられることは、ホルモンのバランスが一時的に悪くなるからです。
あくまで一時的なものですので、基本的に産後の抜け毛はある程度の時期がくればおさまってきます。

ただ、ある程度抜け毛が収まってきた時点で、新しい毛が太くしっかりとしたものになるために育毛剤を使うのは効果的です。
その際育毛シャンプーも組み合わせて使うようにしましょう。
こちらに女性におすすめの育毛シャンプーが紹介されていますのでご覧ください。
基本的に女性用の育毛剤が、男性用の育毛剤よりも刺激が強くないので良いとされています。

おすすめできる商品としては、女性用の育毛剤で、刺激が少ない弱酸性のもの。
更に無添加のものが一番いいとされています。
やはり、保存料や着色料が入っているものだと、赤ちゃんにまでその影響を与えることがあるので、無添加のものを選ぶようにしましょう。
無添加の育毛剤なら肌にも優しいですし、それ以上に悪いものを体に取り込まないので赤ちゃんにも影響はないので安心して使うことができます。

Copyright(c) 2013 髪を育てる方法 All Rights Reserved.