抜け毛予防

頭皮に栄養を補給する育毛剤

頭皮に栄養を補給する育毛剤とは髪が生えてくる元となる毛母細胞にたくさんの栄養を直接与えることによって育毛効果を促す育毛剤です。
このタイプの育毛剤では、直接頭皮環境を正常化してくれるだけではなく、毛の生えてくる出発点となる毛母細胞が活性化するので、通常のケアだけよりも圧倒的に育毛効果は高いと言えます。

一般的に、髪に対して必要な栄養素が届けられるのは、髪が生える時であると言われています。
髪には実際には血管のように栄養が流れていく管がないので、最初の生えるときに毛母細胞に対して栄養がしっかりと届けられていれば、髪が太くしっかりとしたものになるようです。
ですので、髪が生えてしまってから栄養補給のためにとか、もっと太い毛にしたいからとこのような栄養補給型の育毛剤を髪に使うのは厳禁です。
全く意味をなしません。

栄養補給タイプの育毛剤を使うなら、髪がうぶ毛になっている部分に塗るのが効果が高いです。
こうやってうぶ毛の時期からしっかりと髪に栄養を与えていれば、毛穴をぎっしりと埋める太さになってくれて抜けにくくなるということです。

それに対して細い髪は、毛穴に対して髪がひょろひょろとほそく、ちょうどゴルフのホールにさしてあるフラッグのように間がすかすかなことが抜けやすい原因と言われています。
そのようにして、髪が生えてくるのを助ける役目を担うように育毛剤は働いてくれます。
医薬部外品の育毛剤では頭皮環境の正常化+髪に栄養を与えるという2つの側面から作られたもので、太くしっかりとした髪が生えてくることによって抜け毛が少なくなり、結果として薄毛が治ります。

一般的に髪に対して必要な栄養素としては、太く強く抜けにくい髪になるためにアミノ酸が必要だと言われています。
タンパク質は分解されてアミノ酸になりますが、このアミノ酸がタンパク質の体に吸収される最終形態で、確実に頭皮に栄養がいきわたるのを助けます。
頭皮の血行をよくしてから使うと効果的なので、ブラッシングの正しい使い方を是非覚えてください。 正しいブラッシングの使いかたと育毛マッサージの方法のサイトを参考にしてください。
ただし、この栄養補給タイプの育毛剤を使っていたとしても、生活習慣が悪ければ効果は半減してしまいますので、気を付けましょう。

Copyright(c) 2013 髪を育てる方法 All Rights Reserved.