抜け毛予防

育毛剤の副作用の症状

医薬品の育毛剤の副作用としては、ミノキシジルが含まれている育毛剤に関しては、頭がかゆくなるという副作用が知られています。
更に、かゆみを止めるためにたくさん掻くあまりに、頭皮に傷や炎症を引き起こした方がいるほどなんです。
また、ミノキシジルは血圧を降下させることもあるために、極端に低血圧の人が使った場合には貧血、意識の低下などの副作用が報告されています。
こちらは主に、塗るタイプのミノキシジルの副作用で、錠剤などの飲むタイプではなんと犬に飲ませたところ、心臓破裂を起こしたというくらい副作用は強いようです。

次にフィナステリドが含まれている育毛剤に関しては、うつ症状、精神的な不安、心配、性欲がなくなる、頭が重いなどの副作用が報告されています。
更にフィナステリドにはもっとひどいこととして、髪がフィナステリドを使っているうちには問題なかったものが、利用をストップしたと同時にたくさん抜けてしまったということがあるようです。

このように、医薬品の育毛剤には副作用がたくさんあり、フィナステリドに限ってはなんと育毛どころか使用をやめたら抜け毛が逆に加速度的に増えるというリスクがあり、リスクがあるけれども即効性を実感したいという人にはおすすめできるかなという感じです。

また、特に注意すべきことが、このような副作用は一過性のものならばまだ安心できるのですが、一過性のものではなくずーっと続くものである場合が多いので、経過を見守っていく必要があるということです。
加えて医薬品の育毛剤でも塗るタイプの育毛剤の場合には副作用は少ないようで、例えば、ミノキシジルの場合だとスポイトで頭に直接かけるタイプがあるのですが、そのようなもののほうが飲用タイプに比べて、副作用は少ないということが報告されています。
このように、ある程度危険がある医薬品の育毛剤は効くけれどもすごく危険ということもあり、医薬部外品の育毛剤とどちらを使うかは悩みどころです。

一番いやなのは、育毛剤を使って生活の質を落とすことです。
もともと生活の質を上げるために育毛剤を買ったのに生活の質が落ちれば本末転倒ですよね。
ですから、良く考えて選ぶ必要があります。

Copyright(c) 2013 髪を育てる方法 All Rights Reserved.