抜け毛予防

肌の弱い人は無添加の育毛剤を使おう

肌の弱い人が育毛剤を選ぶ際には、無添加の育毛剤を選ぶようにすると安心して育毛環境を整えていくことができます。
無添加でない育毛剤には、肌の弱い人にとってはあまりよくない鮮やかな色を付けるための合成着色料や、酸化して、効果がなくなるのを防ぐための酸化防止剤、また、腐らないための防腐剤が含まれていることが多く、それらは敏感肌やアレルギー肌の人にとってはあまり良くない成分なんです。

実は肌が特に弱くない人でも、アトピー性皮膚炎の症状を持つ人なども、通常の育毛剤だと肌がひどくあれる恐れがあるので、使わないほうがいいようです。
アトピーの人は特に肌自体が化学物質に弱いという特徴があるので、できるだけ無添加の育毛剤を選択するようにするといいです。

実際に使った人でこういう症状が出たと報告されています。
頭皮がはれてしまった。ぶつぶつとできものがいくつもできた。
頭皮がひりひりして痛みを感じた。
育毛剤を使い始めてからかゆみが止まらなくなった。などの症状を訴えることがあるんです。

ただ、このような症状を訴える人でも、無添加の育毛剤では症状は起こらないので、育毛剤は使えないんじゃ?なんて悩む必要はありません。
もともと、育毛剤などに添加されている添加物は人口のものであることがほとんどで、肌には良くないものが含まれているんです。
ただ、最近では無添加の肌に優しい育毛剤がたくさん出てきているので、無添加の育毛剤選びにはあまり困らないでしょう。

無添加の育毛剤で注意すべき点としては、保存料などが人口のものを使っていない分温度の高いところに置きっぱなしにしたり、ふたをあけたまんまにしておくことは避けたほうがいいでしょう。
保存するのに長期間はあまり置いておけないので、基本的には1本1本使い切ってから新しいものを買ったほうが良いです。

このように、敏感肌、アレルギー肌の方でも添加物の少ない安全な育毛剤を選ぶことによってしっかりと抜け毛対策をしていくことができるので、最近の育毛剤は本当に力強い存在になってきたと言えます。

Copyright(c) 2013 髪を育てる方法 All Rights Reserved.